進化論より創造論が面白い!まるで葉っぱ、新種のキリギリスを発見!しかもオスは緑、メスはピンクに色分け

 進化論より創造論が面白い


 擬態とは動物が,周囲の事物やほかの動物によく似た形態をもっていること。敵の攻撃を避けるのに役立つと思われる。小枝に似た尺取虫やナナフシ、木の葉に似たコノハチョウなど昆虫にその例が多い。またアリに似たクモや花びらに似たカマキリなどのように,攻撃に役立つと思われる擬態もある。


 擬態をする動物を見ると、本当に動物が進化して擬態を身に着けたのかと思えないほど、よくできていて美しいのだ。むしろ、何者かが造ったと考えた方が自然だと感じる。


 アメリカ合衆国、特に南部では公立学校で進化論を教えるべきかどうかについて対立があることをご存知だろうか。ダーウィンの進化論に反対して、キリスト教の聖書には全生物は創造主が個別に創った、ノアの洪水は実際にあった、地球の年齢は一万年以下…という主張がある。



続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 National Geographic news:まるで葉っぱ、新種のキリギリスを発見

進化とは何か:ドーキンス博士の特別講義 (ハヤカワ文庫NF)
クリエーター情報なし
早川書房
創造論(クリエーション・サイエンス)の世界―聖書から生まれた先端科学 (Natura-eye Mysteria)
クリエーター情報なし
徳間書店

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2017-01-25(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
最新記事
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り