NHK「がんワクチン」夢の治療薬への格闘!がん第4の治療法、その効果は?

 「がんワクチン」ですい臓がんが治った?

 11月18日のNHKスペシャル「がんワクチン」には驚いた。治りにくいがんの1つ、すい臓がんに「がんワクチン」の効果があったからだ。番組には、すい臓がんでもう治療法がないと言われたものの、肝臓に転移した腫瘍が消え、家族旅行を楽しめるまでに回復した30代の主婦が登場。多くのがん患者に希望を与えた。


 「がんワクチン」は日本が最先端だが、まだ臨床試験の段階。すべての人に効果があるというわけでもない。最終的な結果が出るのは来年以降になる見込みだ。現在のがんワクチンはどの程度効果があるものなのだろうか?また、がんワクチンとは何だろうか?


 そもそも、ワクチン(vaccine)はヒトなどの動物に接種して感染症の予防に用いる医薬品。毒性を無くしたか、あるいは弱めた病原体から作られ、弱い病原体を注入することで体内に抗体を作り、以後感染症にかかりにくくする。弱いとはいえ病原体を接種するため、まれに体調が崩れることがある。


 がんワクチンの中に入っているのは、がん表面にある「ペプチド」と言われるタンパク質の断片。これが、がん細胞の表面に角のように出ている。がんの「ペプチド」には、複数の種類があり、血液検査で患者にあったペプチドを選ぶ。これを増やしたものを、患者の体内に注入する。


 通常のがんは、非常に早いスピードで際限なく広がるため、免疫細胞である「キラーT細胞」の数が足らず攻撃しきれないが、「ペプチド」が大量に入った「がんワクチン」を投与すると、免疫細胞が活性化、「キラーT細胞」は自ら数を増やしパワーアップしてがん細胞を攻撃する…というしくみだ。



続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

参考HP NHK「あさイチ」:驚き!がんワクチン治療最前線 NHKスペシャル:がんワクチン夢の治療薬への格闘! Wikipedia:がんワクチン

がんワクチン―あなたのガンでガンと闘う!臨床ガン免疫療法の最先端
クリエーター情報なし
デジタルメディシン
がんペプチドワクチン療法 (第4のがん治療法への期待 第 1集)
クリエーター情報なし
旬報社

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2012-12-07(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り