マイコプラズマ肺炎大流行、過去最高を記録!発熱と止まらない乾いた咳が特徴!

 マイコプラズマ肺炎が流行中

 昨年、全国的に大流行した「マイコプラズマ肺炎」だが、今年はその患者数をすでに超え過去最高を記録している。マイコプラズマか風邪かは、普通の人には判断できない。普通の肺炎とどこが違うのか?


 マイコプラズマ肺炎は細菌による呼吸器系感染症。長引く(約1カ月)乾いた咳と発熱が特徴で、治療しないと重症化し、重い肺炎や髄膜炎、脳炎を引き起こす可能性もある。胸の痛みや疲労感を伴うこともあるという。患者のくしゃみやせきを通しての飛沫感染する。


 「初期症状が風邪と似ており、潜伏期間は2〜3週間。咳は早朝や就寝時に酷くなることも。患者の8割は14歳以下の子どもです。学校や職場など一定数以上が集まる場所で広がることが多く、「風邪を引いて咳をしている人が多い」といった時は疑われる。予防には風邪やインフルエンザと同様に、手洗いとうがいが有効。免疫力を落とさないことも大切だという。


 マイコプラズマ肺炎のピークは12月から1月のため、今後も注意が必要とのこと。治療法や効果的な薬はないのだろうか?


 肺炎には抗生剤や抗生物質が効果的といわれていたが、マイコプラズマは耐性ができやすいウイルスで、あまり効果がないことが最近わかり、新薬の開発が急がれている。死亡の確率は低いのだが、重症化すると髄膜炎や脳炎などいろいろな病気が発症する。



続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/archives/4267629.html

参考HP AllAbout健康医療:マイコプラズマは胃炎の症状・治療・予防法 

アンチウイルスアクア 除菌剤「スプレーと詰め替えのセット」マイコプラズマ,ノロウイルス、インフルエンザウイルスの除菌・消臭
クリエーター情報なし
アンチウイルスアクア
肺炎マイコプラズマとその感染症―知って得する肺炎のお話
クリエーター情報なし
文芸社

人気ブログランキングへ ←One Click please

関連記事
2012-11-27(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り