最大水爆100万個分!巨大・太陽フレアを予測し、マヤの予言を回避せよ!

 太陽フレアを予測し、回避せよ!

 11月。はやくもクリスマスのイルミネーションが、街を美しく飾りはじめた。気温も10℃を下回る日もあり、着実に冬の足音が聞こえてくる。これから年末、クリスマスとともに話題になることとして、マヤの予言がある。2012年の12月21~23日にかけて1つの区切りを迎える。そのときに何かよくないことが起きるのではないかという、終末思想と結びついたものだ。


 今の時代、確かに先が見えない不安がある。天変地異が起きるとしたら、その一つに太陽嵐(フレア)がある。それは、太陽フレアが放出するエネルギーが地球の磁場を混乱させ、強力な電流によって高圧変圧器が故障し、電力網が停止する可能性である。もし、そのような大惨事が起これば、被害額は「最初の1年間で1兆~2兆ドル」にのぼり、「完全復旧には4年~10年」を要すると米国では予測している。


 むろんこれは、地球全体に及ぶ被害のごく一部にすぎない。実際、1989年の極大期には、激しい磁気嵐がカナダのケベック州の電力システムを破壊し、9時間にわたって停電。600万人に影響し、復興に数ヵ月を要したという。もし事前に太陽嵐(フレア)の発生を予測できれば、何らかの対策が打てるのだが、そんなことは可能だろうか?


 今回、名古屋大学太陽地球環境研究所の草野完也教授を中心とする東京大学、京都大学の研究チームが、地球規模での大停電や電波障害などの影響を及ぼす太陽表面の爆発現象「太陽フレア」は、前兆として2種類の特殊な磁場構造が出現し、その数時間後に発生することを発見した。



続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

参考HP Wikipedia:太陽嵐 名古屋大学太陽地球環境研究所:太陽フレアの発生原因となる磁場構造を解明

太陽の科学―磁場から宇宙の謎に迫る (NHKブックス)
クリエーター情報なし
日本放送出版協会
徹底図解太陽のすべて―輝きのメカニズムから,地球環境への影響まで (ニュートンムック Newton別冊)
クリエーター情報なし
ニュートンプレス

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2012-11-26(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
最新記事
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り