冥王星は生きていた!窒素の氷が絶えずわき上がる意外な地質運動が判明!熱源は放射性物質か?

ニューホライズンズからのたより


 ニュー・ホライズンズ (New Horizons) はアメリカ航空宇宙局 (NASA) が2006年1月19日に打ち上げた、人類初の冥王星を含む太陽系外縁天体の探査を行う無人探査機である。


 打ち上げ費用は、ロケット製造費、施設利用費、装置開発経費及びミッション全体の人件費を含み、約7億ドル(日本円で約800億円)である。ジョンズ・ホプキンス大学応用物理研究所 (APL)(英語版)のミッションチームが管制を行っている。


 2015年7月14日、11時47分に冥王星をフライバイ(接近通過)し、冥王星と衛星カロンを撮影。最接近時の距離は13,695kmで、カロンの公転軌道の内側を通る。そのときの速度は14km/s。2016年1月まで、冥王星とその衛星を観測。2016年1月、接近後の探査終了。2016年10月~12月の全てのデータを送信完了する。現在はまだデータの解析途中であるが、素晴らしい成果を上げている。


 冥王星の明るいハート形の地域で、窒素の氷の平原上に見られるさまざまな多角形の模様は、内部の地熱による氷のゆっくりとした対流で形成された可能性が高いと分かった。米航空宇宙局(NASA)などの二つの研究チームが6月5日までに英科学誌ネイチャー電子版に発表した。



続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 National Geographic news:冥王星、氷が絶えずわき上がる意外な地質運動が判明

ニュー・ホライズンズ探査機がとらえた冥王星
クリエーター情報なし
株式会社ブックブライト
ついに到着! 冥王星 太陽系探査の最前線 (Newton別冊 ニュートン ムック)
クリエーター情報なし
ニュートンプレス

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2016-07-06(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
最新記事
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り