火星が地球と最接近の「スーパーマーズ」!6月は観測の好機!火星の小接近・中接近・大接近とは何?

 火星が観望の好機!望遠鏡で観察しよう!


 2016年5月31日は、火星最接近の日、いわゆる「スーパーマーズ」でした。 火星最接近とは、文字通り、火星と地球の間が一番近くなるのが、2016年5月31日。これほど近づいたのはなんと、11年ぶりだという。


 最接近時の火星と地球の間の距離は7,528万キロメートルで、中接近という。火星は地球のひとつ外側にある惑星で、約780日(約2年2カ月)の周期で地球への接近(会合)を繰り返している。地球の軌道はかなり円に近い形をしていますが、火星の軌道は少しつぶれた楕円形をしている。


 また、会合周期がちょうど2年ではなく2年2カ月であるため、火星と地球が接近する位置は毎回ずれ、距離も大きく変わる(最も近い位置での接近と最も遠い位置での接近では、距離が2倍ほど違う)。 今回の最接近距離まで近づくのは、2005年11月20日以来、2018年には5,759万キロメートルまで大接近する。



参考 国立天文台:火星が地球に最接近

2003年火星 / 地球に大接近 [ポスター]
クリエーター情報なし
メーカー情報なし
1年間の星空と天文現象を解説 ASTROGUIDE 星空年鑑 2016 DVDでプラネタリウムを見る 部分日食や流星群をパソコンで再現 (アスキームック)
クリエーター情報なし
KADOKAWA

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2016-06-25(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
最新記事
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り