万能解毒剤誕生?アジアの毒ヘビからアフリカの種の血清も!年間9万人超の命を救えるか

 18種の毒ヘビに有効、画期的な血清製造法を開発


 熊本ではまだまだ余震が続いているようだ。日本は地震の多い国であるが、日本に生まれて幸運に思うことの方が多い。それは、今はまだ平和なこと、経済がゆたかであること、おいしい水が豊富にあること、風光明媚なこと、そして毒蛇が少ないことかもしれない。


 世界では、毎年9万4000人もの人々が毒ヘビに咬まれて命を落としている。死者数が特に多い地域は、南アジアとサハラ以南のアフリカだ。


 彼らの命を救えないのは、抗ヘビ毒の血清が手に入りにくいからだ。ヘビ毒は複数の種類のタンパク質からなり、ヘビの種類によって成分や構成が異なる。そのためかなり最近まで、毒ヘビに咬まれたら、その種類のヘビの毒にだけ効く専用の抗毒血清で治療するのが最善とされてきた。



続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 National Geographic news: 18種類の毒ヘビに有効、画期的な血清製造法を開発

毒物雑学事典―ヘビ毒から発ガン物質まで (ブルーバックス)
クリエーター情報なし
講談社
毒ヘビのやさしいサイエンス:咬まれるとアブナイ話
クリエーター情報なし
化学同人

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2016-05-26(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
最新記事
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り