臓器移植後、免疫抑制剤が不要に?患者と提供者のリンパ球培養で

 臓器移植と免疫抑制剤


 病気などによって機能を失った臓器を健康な臓器で置き換えることを臓器移植というが、移植された組織が同種か異種かにかかわらず、やがて壊死に陥り排除される現象を、拒否反応(拒絶現象)という。


 移植された組織あるいは器官が宿主に対して抗原として働き、宿主の体内で抗体がつくられ、この抗体をもつ細胞が移植体を攻撃して拒絶反応を起こすと考えられている。


 一個体の臓器や組織を他の個体に移植すると、当初の7~10日間血液供給も回復し成功したようにみえても、やがて炎症を起こし、リンパ球、単核球が浸出し、移植物は壊死(えし)して離脱する。


 そこで移植後必要なのが免疫抑制剤で、臓器移植や骨髄移植のほか、自らの細胞を異物と認識してしまう自己免疫疾患などの治療に使われる。



続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 中日新聞: 生体肝移植、移植後免疫抑制剤いらず

がんと診断されたら ANK免疫細胞療法
クリエーター情報なし
幻冬舎
実験医学増刊 Vol.33 No.2 再生医療2015 幹細胞と疾患iPS細胞の研究最前線~飛躍する基礎研究 加速する臨床への挑戦
クリエーター情報なし
羊土社

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2016-03-03(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる