40億年前、月の巨大衝突の痕跡見つかる!輝石・カンラン石など鉱物分析

 “月のうさぎ”は巨大隕石の跡

 先日、「月は地球に巨大隕石が衝突してできた」ことを、このブログで紹介した。これは、アポロ(Apollo)計画で持ち帰られた月の土壌を質量分析計で精査した結果わかった。


 月の土壌には比較的重い「亜鉛同位体」が、地球よりわずかに多く含まれており。蒸気雲の中で重い同位体が軽い同位体よりも急速に凝集したことが原因と考えられる。このわずかな、しかし決定的な差は同位体分別と呼ばれ、これによって、巨大隕石の衝突がわかった。


 今回、同じ月の石の「低カルシウム輝石」を分析して、月の表面にある、うさぎの形をした直径3000キロにも及ぶ盆地(海)が、巨大な隕石の衝突によってできたことが証明されたことを、産業技術総合研究所が公表した。


 これまでの仮説を裏付ける研究成果として注目されている。分析を行ったのは茨城県つくば市にある独立行政法人、産業技術総合研究所で鉱物資源の探査などを行っている中村良介グループ長の研究グループ。研究グループは、月に隕石などが衝突した際に熱が発生して地殻やマントルが溶け、冷え固まる過程で生成されたとみられる「低カルシウム輝石」と呼ばれる鉱物に注目した。



参考HP JAXA:月探査衛星「かぐや」が明らかにした、巨大隕石衝突 マイナビニュース:直径3000km超の巨大隕石衝突の証拠

続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/

月の科学―「かぐや」が拓く月探査
クリエーター情報なし
ベレ出版
NHKスペシャル 月と地球 46億年の物語 ~探査機かぐや 最新報告~ [DVD]
クリエーター情報なし
ポニーキャニオン

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2012-11-15(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
最新記事
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り