2016年丙申(ひのえさる)の年はどんな年?努力が結実し現れてくる!

 いろいろなサルの仲間


 2016年は申年。申はサルと読む。サルと言えば日本では、チンパンジーやニホンザルを思い浮かべる。サルにはどんな仲間がいるのだろうか?


 日本語におけるサル(猿)とは、通俗的な意味ではサル目(霊長目)のうち、ヒト(古人類を含む)を除いたものの総称である。ただし、生物学的観点から見ればヒトもまた「サル」の一種に他ならない。日本の歴史的文献においては、単に猿といえば日本固有種のニホンザルを指す場合が多い。


 しかし、世界を見るとサルの種類は多い。学術的な定義上はオナガザル科(旧世界猿、old world monkey)と広鼻猿(新世界猿、new world monkey)の総称である。



続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 レイモンド・ロー:2016年丙申年の運勢

九星開運暦平成28年(2016年)版
クリエーター情報なし
ハート出版

超雑学 読んだら話したくなる 幸運を招く陰陽五行
クリエーター情報なし
日本実業出版社

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2016-01-07(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる