米国でSTAP細胞が証明された? 国益を優先し、小保方氏の研究を見直すべき

 筋トレ後に活性化する筋肉幹細胞


 最近、ベンチプレスなどで筋トレに取り組んでいる。筋トレというと足腰の筋力が中心であったが、胸筋・背筋・上腕筋などを鍛えるように意識すると、不思議なことに風邪をひきにくくなった。


 筋肉がついたことで、血流がよくなるらしい。すると病原菌に対して、抵抗力もつくようになり、体調もよくなった。「筋肉は全身鍛えねば、だめなんだな」...とこの年になってようやく気付いた次第である。


 筋肉に負荷をかけると当然、筋原線維が切れる。それを補おうと細胞は活性化し、再び筋細胞を多く作ろうとする。そのためボディビルダー達は、筋トレの後はプロテインをたくさんとる。すると以前より多く筋肉が体につく。



続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 The Liberty Web:STAP細胞が証明された?小保方氏の研究にもう一度目を向けるべき

闇の支配者に握り潰された世界を救う技術
クリエーター情報なし
イースト・プレス
小保方晴子さん守護霊インタビュー それでも「STAP細胞」は存在する (OR books)
クリエーター情報なし
幸福の科学出版

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2015-12-27(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる