犬の起源は1万5000年前の中央アジアのハイイロオオカミだった!DNA解析で

 DNA分析でわかった犬の祖先


 近年、生物のDNAを分析することで様々なことがわかっている。ヒトの場合ミトコンドリアDNAを調べることで、地球上のヒトの祖先はアフリカで誕生し、その後世界中に伝播していったということが分かった。これをアフリカ単一起源説という。


 また、ミトコンドリアは母親の卵に存在し、父親の精子の方には存在しないことから、子は母親のミトコンドリアを遺伝子を受け継ぐことになる。このためミトコンドリアの祖先である母親をミトコンドリア・イブという。


 今回、米コーネル大学を中心とした国際研究チームはこのたび、世界各地の犬のDNA解析を行った結果、約1万5000年ほど前に中央アジアにてユーラシア大陸に生息していたハイイロオオカミから現在の犬の起源となる種が誕生したとする研究結果を発表した。



続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 マイナビニュース: 犬の起源は1万5000年前の中央アジアの灰色オオカミ

図解 遺伝子クローニングとDNA解析
クリエーター情報なし
オーム社
日本人になった祖先たち―DNAから解明するその多元的構造 (NHKブックス)
クリエーター情報なし
日本放送出版協会

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2015-10-27(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
最新記事
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる