現在、6回目の大量絶滅中?一方で新種も…イヌ属で150年ぶりの発見!

 大量絶滅の時代の新種発見


 生命はその歴史の中で、5回に及ぶ大きな絶滅を経てきた。その中で、地球上に発生した生物の90%~99%が絶滅したといわれている。その種数は、50億種から500億種にものぼると推定されている。それでも、化石時代(一万年以上前)までは、絶滅する種数は、平均すると1年あたり100万種につき1種の割合であった。


 しかし現在は、より早いスピードで、生物の絶滅が起きていると考えられている。一例をあげると、生物種の50%~90%が生存するといわれる熱帯雨林(地上の面積の約7%)では、森林の消失に伴い、一日あたり74種もの生物が絶滅しているとされている。(E・O・ウィルソン「生命の多様性」1992年)


 ここでいう絶滅種の多くは、発見され、種として記載されることなく、未知のまま絶滅してゆく種が数多く含まれている。現代はまさに、人間が知ることなく、自らの手で多くの種を滅ぼしてしまう、6回目の「大量絶滅」といえる。



続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

参考 National Geographic news: イヌ属で150年ぶりの新種見つかる

新種の冒険 びっくり生きもの100種の図鑑
クリエーター情報なし
朝日新聞出版
「もしも?」の図鑑 絶滅危惧種 救出裁判ファイル (「もしも?」の図鑑)
クリエーター情報なし
実業之日本社

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2015-08-26(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
最新記事
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り