冬眠から目覚めた探査機から驚きの成果!彗星の内部80%が空洞、有機物を多数発見!

 彗星探査機「ロゼッタ」


 ESA(ヨーロッパ宇宙機関)の彗星探査機「Rosetta(ロゼッタ)」が打ち上げられたのが、2004年3月。ギアナ宇宙センターから打ち上げられた。そして、探査目標であるチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星に到着したのが昨年の今頃8月6日。10年の時を経た。


 現在、ロゼッタは、2015年8月の近日点通過まで活発化していく彗星の活動のようすを、すぐそばからつぶさに観測している。昨年11月には子機「フィラエ」を彗星の表面に投下して、初の彗星着陸を試みた。しかし着陸した場所が日陰であったため、太陽電池が働かず、冬眠状態になっていた。



続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

参考HP National Geographic news: チュリュモフ彗星から新たな有機物見つかる

小惑星探査機「はやぶさ2」の挑戦
クリエーター情報なし
日経BP社
宇宙探査機 ルナ1号からはやぶさ2まで50年間の探査史 (ポピュラーサイエンス)
クリエーター情報なし
飛鳥新社

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2015-08-09(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
最新記事
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる