強力X線の照射でナノプラズマが生成されることを発見!X線と物質の不思議な関係

 X線の発生と物質の関係


 X線というと、ドイツのヴィルヘルム・レントゲンが1895年11月8日に発見した特定の波長域を持つ電磁波である。物質を透過する性質があり、これによりレントゲン撮影が発明された。レントゲンはこの成果で第一回ノーベル物理学賞を受賞する。


 X線はどうやって発生させるのだろう?


 物質に加速した電子をあてることで発生する。例えば、対陰極として銅、モリブデン、タングステンなどの標的に、加速した電子ビーム(30 keV程度)を当て原子の1s軌道の電子を弾き飛ばす、すると空になった1s軌道に、より外側の軌道(2p、3p軌道など)から電子が遷移してくる。この遷移によって放出される電磁波がX線である。


 実際に当時の物理学者はクルックス管を使って、電極に電圧をかけ電子線を発生させ、原子のくわしい仕組みについて研究を重ねていた。その延長線上にX線の発見があった。



続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

参考 マイナビニュース: 強力X線の照射でナノクラスのプラズマ生成

X線が拓く科学の世界 基礎知識から人体に対する影響、医療への応用、宇宙探査、犯罪捜査、分子の世界の解明まで (サイエンス・アイ新書)
クリエーター情報なし
ソフトバンククリエイティブ
X線物理学の基礎 (KS物理専門書)
クリエーター情報なし
講談社

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2015-07-03(Fri)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
最新記事
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り