犬は自身の利害に関係なく飼い主に不親切な人を嫌う!犬の気持ちカーミングシグナル

 犬のふるまいには意味がある


 犬のカーミングシグナルとは、不要な争いを避けるために自分の立場や感情を相手に伝える際の、 犬に生まれつき備わった非音声的言語を指す。


 「Calming」は"落ち着かせる"、「Signal」は"信号"という意味ですので、文字通り、「自分と相手を落ち着かせるための合図」ととらえてよい。 この合図はノルウェーの著名な動物学者であるTurid Rugaas氏が提唱し、現在27個ほどに分類されている。


 例えば、口元や鼻先をなめるというカーミングシグナルは、自分の感情を鎮めたり、相手の興奮を落ち着かせるときに用いられるものです。ヘビのようにすばやく出し入れする場合は特にフリッキング(flicking)とも呼ばれる。



続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

参考 マイナビニュース: 犬は自身の利害に関係なく飼い主に不親切な人を嫌う

コミックエッセイ 犬のきもちがわかる34の大切なこと
クリエーター情報なし
アスコム
カーミングシグナル by.トゥーリッド・ルーガス (ads犬の本)
クリエーター情報なし
エー・ディー・サマーズ

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2015-07-02(Thu)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
最新記事
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる