やはり生活のリズムは大切!朝よりも夕・夜のストレスが体内時計を狂わせる!

 ストレスと生活リズムの関係は重要


 体内時計とは、生物が生まれつきそなえていると考えられる時間測定機構。生物時計、生理時計(physiolosical clock)とも言う。体内時計はいくつも知られているが、たとえばサーカディアンリズム(概日リズム)、光周期性(光周性) などがある。


 特によく知られているのは日周の機構である。動物・植物を自然環境から切り離し、時間帯で変化しない定常光のもとにおいても、動物の排出物質の濃度は日周リズムを示すものが多いことなどから動植物には時計機構が内在していることが判っている。


 ただしその機構がどこにどのような形、しくみで存在しているのかについては詳しくは判っていない。そして、生物の体内の日周リズム機構は正確に24時間周期で動いているわけではない。(多くの場合)少しづつ遅れる方向にズレている。そういったわけで「circadian rhythm サーカディアンリズム」「概日リズム」と呼んでいる。



続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/

参考 マイナビニュース: 朝よりも夕・夜のストレスが体内時計を狂わせる

体内時計の謎に迫る ~体を守る生体のリズム~ (知りたい!サイエンス)
クリエーター情報なし
技術評論社
なぜ生物時計は、あなたの生き方まで操っているのか?
クリエーター情報なし
インターシフト

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2015-06-27(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
最新記事
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り