冥王星と愉快な仲間たち、「踊る」衛星ニクス!ニューホライズン接近中

 無人探査機ニューホライズンズが冥王星を観測中


 NASAの無人探査機が今年1月から冥王星の観測を開始している。探査機の名前はニューホライズンズ。人類が冥王星の探査を行うのはこれが初めてで、2006年に打ち上げられてから実に10年近くが経ってようやくたどりついた。


 今日はこのニューホライズンズや冥王星について紹介する。 ニューホライズンズは木星探査をしてから冥王星へ向かった。ちなみに2006年といえば、ちょうど冥王星が惑星から外された年でもある。ニューホライズンズ打ち上げのほうが7ヶ月ほど先だった。


 今年の1月末にはニューホライズンズが冥王星と衛星カロンを撮影した。冥王星から2億キロメートル離れたところから撮影している。4月29日、NASAは、同探査機の望遠撮像装置「LORRI」が今月6日間にわたって撮影、冥王星の表面に暗い部分と明るい部分があることを確認した。



続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 


参考 National Geographic news: 冥王星の「踊る」衛星を発見、ハッブル望遠鏡

みるみる理解できる太陽と惑星―最新の太陽系像を徹底紹介!冥王星はなぜ「惑星」から (ニュートンムック Newton別冊サイエンステキストシリーズ)
クリエーター情報なし
ニュートンプレス
ホルスト:組曲「惑星」(冥王星付き)
クリエーター情報なし
EMIミュージックジャパン

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2015-06-21(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
最新記事
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り