量子もつれが、時空を形成する仕組みを解明!予言、透視能力、異次元旅行も?

 不思議を解明するのが科学


 今年はこれまでと違う何かが起きている…。そう思わざるを得ない現象が起きている。 6月11日、気象庁は浅間山では火山活動が高まっていると考えられ、今後、火口周辺に影響を及ぼす小規模な噴火が発生する可能性があるとして、噴火警戒レベル2の火口周辺警報を発表、火口からおおむね2キロ以内には立ち入らないよう警戒を呼びかけた。


 今年は5月29日、鹿児島県の口永良部島(くちのえらぶじま)の噴火、。月30日、桜島で600回目の噴火、5月6日、箱根山で噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)など、3.11の東日本大震災の後、心配された火山活動が現実のものとなっている。これからどうなるのだろうか?


 予言(prediction)とは、ある物事についてその実現に先立ち「あらかじめ言明すること」。 神秘的現象としての「予言」は、その中でも合理的には説明することのことのできない推論の方法によって未来の事象を語ることを指し、占星術やチャネリングと同じく疑似科学の領域の話題として扱われることが多い。


 一方、預言(prophecy)は、自己の思惑に拠らず、啓示された神の意思。あるいは解釈して神と人とを仲介する者が語る言葉である。 しばしば宗教的指導者の果たす人の言葉である。ユダヤ教、キリスト教、イスラーム、バハーイー教において預言者の語る言葉は預言とされている。


 予言にしても予言にしても遙か彼方の事象を知ることは共通しており、この謎を解く鍵は、量子もつれにあると思う。


 NHKスペシャルの「超常現象 科学者たちの挑戦」(2014年3月22日放送)では“量子もつれ”を使ってテレパシーの説明をしているのが興味深かった。



続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

参考 サイエンスポータル: 量子もつれが時空を形成するしくみを解明

2015予言戦慄の未
クリエーター情報なし
ダイアプレス
ノストラダムスの予言は的中していた! 2016年「人類40億人滅亡」恐るべき証拠
クリエーター情報なし
双葉社

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2015-06-20(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
最新記事
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる