がん幹細胞を保護する“がんニッチ”を攻撃せよ!がんの転移抑える既存薬発見

 がんの転移抑える既存薬を発見


 従来、がん組織に存在するすべてのがん細胞に無限の自己複製能と未分化能があり、がんを形成できると考えられていた。これに対して、近年、がんは不均一な細胞集団で、そのなかにごくわずかのがん幹細胞が存在しており、この細胞だけが自己複製能や未分化能を有してがんを形成することができるとする「がん幹細胞仮説」が提唱されている。


 がん幹細胞はニッチと呼ばれる最適な微小環境に存在している。ニッチは、静止期と分化増殖の2方向のシグナルバランスで幹細胞を制御し、また転移や浸潤にも関与していると考えられている。


 正常幹細胞も周囲の微小環境(ニッチ)によって維持されている。このようなコンセプトから、がん幹細胞もがん微小環境(がん幹細胞ニッチ)によって制御されると考えられており、がん幹細胞治療法のターゲットとして期待されている。



続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

参考 サイエンスポータル: がんの転移を抑える既存薬を発見

実験医学増刊 Vol.33 No.5 がん微小環境と標的治療~がん幹細胞ニッチ
クリエーター情報なし
羊土社
nature [Japan] July 17, 2014 Vol. 511 No. 7509 (単号)
クリエーター情報なし
ネイチャー・ジャパン

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2015-06-17(Wed)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
最新記事
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り