たんぱく質の牢屋でウイルス封鎖!オートファジーとは別の防御法を発見!

 私たちの細胞を守る「免疫系とオートファジー」


 あたたかくなってようやく、血流がよくなったのか咳が出なくなった。毎年、冬から春にかけて、インフルエンザウイルス、ノロウイルス、花粉アレルギーなどが原因で、咳に悩まされマスクが手放せなかった。初夏を迎えるとようやく落ち着く。どうやら私の体は気温が20℃以上ないと免疫力が落ちるらしい。


 ところで我々の体を守ってくれる、「免疫」とは何だろうか?


 免疫は、ヒトや動物などが持つ、体内に入り込んだ「自分とは異なる異物」(非自己)を排除する、生体の恒常性維持機構の一つである。


 一般に、薬物や化学物質などの排除には、肝臓の酵素による代謝が働くのに対し、免疫はそれよりも高分子であるタンパク質(ヘビ毒やハチ毒など)や、体内に侵入した病原体を排除するための機構として働く。特に病原体による感染から身を守るための免疫を「感染防御免疫」という。



続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 


参考 asahi.com: タンパク質の牢屋でウイルス封鎖 細胞の防御法

細胞が自分を食べる オートファジーの謎 (PHPサイエンス・ワールド新書)
クリエーター情報なし
PHP研究所
細胞内の輪廻転生タンパク質の分解機構―ユビキチン,プロテアソーム,オートファジー,プロテ (実験医学増刊 Vol. 26-2)
クリエーター情報なし
羊土社

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

関連記事
2015-06-09(Tue)
 

コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
最新記事
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り