FC2ブログ

「温かいおむすび」と「冷めたいおむすび」脂肪をよく燃やすのはどっち? 「レジスタントスターチ」の健康効果

 「温かいおむすび」と「冷めたいおむすび」


 「温かいおむすび」と。脂肪をよく燃やすのはどっち?


 実は「冷めたいおむすび」の方。温かいご飯になくて、冷めたご飯にある健康成分が、脂肪の燃焼を促進する。その成分が「難消化性でんぷん」。炊く前のお米の中ではでんぷんは固まった状態だが、加熱すると結合が解かれる。それが冷えると再び結合して、難消化性でんぷんになる。


 でんぷんと聞くと肥満のもととして女性に敬遠されがちだが、「難消化性」、つまり"消化されにくい"でんぷんに姿を変えることで、腸の中で食物繊維のように働き、私たちの健康に貢献してくれる。普通のでんぷんと違って胃で消化されにくいため、小腸で吸収されずに大腸まで届くのが特徴。難消化性でんぷんは、大腸内で腸内細菌の餌となり「酪酸」「酢酸」「プロピオン酸」という成分に分解される。


続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 Kenbi nave: http://www.kenbi-navi.jp/column/editors/post_7.shtml

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ ←One Click please

2018-06-27(Wed)
 
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル


最新コメント
sponsored link

現在メルマガは、管理人多忙のため調整中です。しばらくしお待ちください。


週刊 サイエンスジャーナル


Google Ads
Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り