冥王星の信じがたい事実発覚!内部に熱源、氷に浮かぶ山、破れた外殻、不思議な衛星

 熱で溶けて広がった、氷のスプートニク平原


 7月14日に冥王星に最接近した探査機「ニューホライズンズ」は膨大な撮影データを少しずつ地球に送信中であるが、観測データから、驚くべきことが続々発見されている。


 NASAが9月15日に発表したこの分析結果、準惑星の冥王星の表面は豊かな色彩にあふれていることが分かった。冥王星には大気があり、窒素が循環していることが発見された。また、地殻に水の氷が豊富にあること、冥王星の大気圏に地表面上方の多層大気が存在することが、研究チームによって発見された。


 11月になると、巨大な氷火山と思われる地形が見つかったり、小さい衛星の奇妙な振る舞いが明らかにされている。そして、非公式に「トンボー領域」と呼ばれている明るいハート形の平坦な領域は、日本の2倍近くある面積のほぼ全域が厚い氷の層に覆われていることがわかった。



続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/

参考 National Geographic news: 冥王星にまっさらな平原ができたのはなぜ? 冥王星に信じがたい5つの新事実発覚

ナショナル ジオグラフィック日本版 2015年7月号 [雑誌]
クリエーター情報なし
日経ナショナル ジオグラフィック社
探査機が見た 太陽系【第3版】
クリエーター情報なし
株式会社ブックブライト

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2015-11-30(Mon)
 
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる