FC2ブログ

火星上空に巨大な「雲」を発見!高さ200km以上10日間以上続く

 火星にも雲が存在する?


 火星の上空に雲が観測された。火星に雲ができることはあるが、大抵昼には消えてしまう。今回は高さ200km以上、10日間以上続いた。その正体は不明で火山の噴煙の可能性もある。


 調べてみると、2012年の春分の日にも火星上空100kmにも立昇る巨大雲が観測されたことがある。その正体は何だろうか?


 たしかに火星の大気中にも、ごくわずかの水蒸気が含まれている。水蒸気圧は地球の南極上空の500分の1程度しかないが、このごくわずかの水蒸気によって、火星でも雲や、霜が観測されている。火星の雲は明け方や夕方に現れ、昼間は消えてしまう。



続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/ 

引用 National Geographic news: 火星上空に巨大な「雲」の画像が公開 平塚博物館: 火星の気圧・大気・水蒸気

イーロン・マスクの挑戦 ~人類を火星に移住させる (別冊宝島 2232)
クリエーター情報なし
宝島社
火星: 最新画像で見る「赤い惑星」のすべて
クリエーター情報なし
河出書房新社

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2015-02-27(Fri)
 
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル


最新コメント
sponsored link

現在メルマガは、管理人多忙のため調整中です。しばらくしお待ちください。


週刊 サイエンスジャーナル


Google Ads
Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り