最近ツバメを見ないんだけれど…?「日本野鳥の会」が放射性物質の影響を調査

 ツバメが減少 生息状況を全国調査

 日本人に身近な渡り鳥として知られるツバメ。このツバメが生息環境の変化などから日本各地で減る傾向にあるとして、日本野鳥の会は5月10日から始まった愛鳥週間に合わせて、生息状況の全国調査を初めて行うことになった。


 ツバメは東南アジアなどで越冬し、日本には春先になると主に九州より北の地域に夏鳥として渡ってきて子育てを行う。人の出入りの多い住宅や店舗の玄関や軒先などに巣作りをすることや、水田などの害虫を食べることから益鳥としても昔から人になじみの深い鳥として知られている。


 ところが、日本野鳥の会によりますと、ここ数年、「ツバメが減っている」という声が各地から数多く寄せられているという。全国で唯一、県内全域でツバメの数を長年調べている石川県では、40年前と比べて3分の1まで減っているという調査結果もある。


 主な原因について、野鳥の会では、農地が減ったことでツバメが巣作りに使う泥や餌となる虫が減ったこと、巣作りに適している軒のあるような日本家屋が減ったうえ最近の建物の壁には泥がつきにくい加工が施されていること、それに人の生活環境の変化もあって天敵となるカラスが増えたことなどを挙げている。



続きはこちら → http://blog.livedoor.jp/liberty7japan/

参考HP Wikipedia:ツバメ 日本野鳥の会:ツバメ目撃情報の呼びかけ


新・山野の鳥 (野鳥観察ハンディ図鑑)
クリエーター情報なし
日本野鳥の会
小鳥のさえずり
クリエーター情報なし
デラ

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2012-08-31(Fri)
 
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
最新記事
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り