FC2ブログ

2018年ノーベル化学賞 有用なタンパク質の合成・進化「酵素の指向性進化法・ペプチドおよび抗体のファージディスプレイ法の開発」

 2018年ノーベル化学賞


 スウェーデンの王立科学アカデミーは10月3日、2018年のノーベル化学賞を米英の3人の研究者に授与すると発表した。酵素などの有用なタンパク質を人工的に改良、作成手法を考案し、医薬品やバイオ燃料開発に貢献した功績が認められた。1日には京都大学特別教授の本庶佑氏が画期的ながん治療薬開発に道を開いた功績で医学生理学賞を受賞することが決まっており、日本人の同年ダブル受賞が期待されたが、物理学賞、化学賞とも海外の研究者に贈られることになった。


 今年の化学賞を受賞するのは、米カリフォルニア工科大学のフランシス・アーノルド博士、米ミズーリ大学のジョージ・スミス博士、英MRC分子生物学研究所のグレゴリー・ウインター博士の3人。


 アーノルド氏は自然界の進化の仕組みにヒントを得て「指向性進化法」と呼ばれる手法を考案し、タンパク質であり、生体内の化学反応で触媒の役割もする酵素の働きを用途に応じて高めたり、新たな酵素をつくることなどに成功。医薬品やバイオ燃料などの分野で広く応用されていることが評価された。



続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 サイエンスポータル: https://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2018/10/20181003_01.html

図解 遺伝子の調節機構―λファージの遺伝子スイッチ (OHM BIO SCIENCE BOOKS)
クリエーター情報なし
オーム社
フルーツ酵素ダイエット (エイムック 2839)
クリエーター情報なし
エイ出版社

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2018-10-13(Sat)
 

2018年ノーベル物理学賞 「レーザー物理学の分野における画期的な発明」光ピンセットとパルスレーザー

 2018年ノーベル物理学賞「レーザーの画期的な利用法」


 スウェーデンの王立科学アカデミーは10月2日、2018年のノーベル物理学賞を、レーザーの画期的な利用法を開発した米国、フランス、カナダの3氏に授与すると発表した。


 今年のノーベル物理学賞に選ばれたのは、米ベル研究所のアーサー・アシュキン博士、仏エコールポリテクニークのジェラール・ムル博士、カナダ・ウォータールー大学のドナ・ストリックランド博士。ストリックランド氏は物理学賞としては55年ぶり、3人目の女性受賞者となる。


 3氏の授賞理由は「レーザー物理学の分野における画期的な発明」。アシュキン氏は、「レーザー」という特殊な光を細く絞り、その力で微小な物体を宙に浮かして動かす「光ピンセット」と呼ばれる手法を開発。ムル氏、ストリックランド氏は、非常に強いパルス状のレーザーを作る手法を開発した。「チャープパルス増幅」と呼ばれるこの手法で作られたレーザーは、産業応用のほか目の視力回復手術にも利用されている。



続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 サイエンスポータル: https://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2018/10/20181002_01.html

超短光パルスレーザー
クリエーター情報なし
共立出版
レーザー微細加工 基礎現象と産業応用
クリエーター情報なし
丸善出版

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2018-10-12(Fri)
 

祝!2018年ノーベル医学・生理学賞に本庶佑教授「免疫阻害因子(PD-1)の発見とがん治療への応用 」

 2018年ノーベル医学・生理学賞に本庶佑さん


ことしのノーベル医学・生理学賞の受賞者に、免疫の働きを抑えるブレーキ役となる物質を発見し、がんに対して免疫が働くようにする新たな治療薬の開発などに貢献した京都大学特別教授の本庶佑(ほんじょ・たすく)さんが選ばれた。日本人がノーベル賞を受賞するのはアメリカ国籍を取得した人を含めて26人目で、医学・生理学賞では、おととしの大隅良典さんに続いて5人目となる。


 本庶さんはここ数年、ノーベル賞の時期に受賞候補者になっていた。2016年のノーベル生理学・医学賞は東京工業大学の大隅良典教授の「オートファジー」だったが、アメリカのトムソン・ロイターの予測で日本人研究者として挙げられた3人のうち、免疫の働きを抑える「PD-1」という物質を発見し、新しいがんの治療薬の開発に道を開いた人物として、本庶さんの名前があげられていた。


 2014年、新しいコンセプトの抗がん剤、小野薬品工業(本社・大阪市中央区)のニボルマブ(商品名オプジーボ®点滴静注)が登場、画期的な「がん免疫療法」として大きな期待を集めた。この創薬をけん引したのが、世界の免疫学研究を長年リードしてきた京都大学の本庶佑さん(現・教授、静岡県公立大学法人理事長)だ。



続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 NHK news:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181001/k10011653631000.html

やさしく学べる がん免疫療法のしくみ
クリエーター情報なし
羊土社
実験医学 2018年6月 Vol.36 No.9 がんは免疫系をいかに抑制するのか〜免疫チェックポイント阻害剤の真の標的を求めて
クリエーター情報なし
羊土社

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2018-10-10(Wed)
 

第68回ノーベル生理学・医学賞 神の創造領域「遺伝情報の解読とそのタンパク質合成への役割の解明」

 神の創ったしくみ「セントラルドグマ」


 現在では生物はすべて、DNAやRNAという設計図を持ち、自己と同じ体を複製し生命を次に伝えることが分かっている。これはセントラルドグマと呼ばれる。セントラルとは中心、ドグマとは宗教における教義のことであり、セントラルドグマは、「分子生物学の中心原理」または「生物学の中心教義」である。


 すなわち、DNAポリメラーゼによって複製されたDNAは、RNAポリメラーゼによって転写されてRNA(mRNA)が合成され、転写されたRNAはリボソームに結合して翻訳され、運搬RNA(tRNA)と結合してたんぱく質が合成される...という仕組みが分かっている。遺伝情報は「DNA→(転写)→mRNA→(翻訳)→タンパク質」の順に伝達されるのが、分子生物学の概念である。


 セントラルドグマ(central dogma)は、まさに、これは神が造ったとしか思えない仕組みであり宗教的な意味を感じずにはおれない。



 続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/  

生体分子化学―基礎から応用まで (エキスパート応用化学テキストシリーズ)
クリエーター情報なし
講談社
生命化学のニューセントラルドグマ―テーラーメイド・バイオケミストリーのめざすもの (化学フロンティア)
クリエーター情報なし
化学同人

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2018-05-17(Thu)
 

第68回ノーベル化学賞 オンサーガーの相反定理の発見、不可逆過程の熱力学への貢献

 熱力学とは何か?


 熱力学(thermodynamics)とは、物理学の一分野で、熱現象を物質の巨視的性質から扱う学問。アボガドロ定数個程度の分子から成る物質の巨視的な性質を巨視的な物理量(エネルギー、温度、エントロピー、圧力、体積、物質量または分子数、化学ポテンシャルなど)を用いて記述する。


 1842年、熱をエネルギーの一形態と考えエネルギー保存の法則(つまり熱力学第一法則)をはじめて提唱したのはマイヤーであった。それ以前、熱は物質と考えられていた。そして、ほぼ同時期にジュールが行った実験などから、トムソンらと共同して熱力学第一法則は明らかにされた。


 熱は物質でないことがわかり、エネルギーの1つとして定義された。その熱エネルギーの性質を表したのが、熱力学第二法則である。一言でいうと「エントロピー増大の原理」といえる。熱エネルギーは外から仕事を加えない限り、熱いものから冷たいものへと移っていく。また、すべてのエネルギーは最終的には熱エネルギーになってしまう。


続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 Wikipedia: https://ja.wikipedia.org/wiki/ラルス・オンサーガー

不可逆過程の物理―日本統計物理学史から (数理物理シリーズ)
クリエーター情報なし
日本評論社
オンサーガーの不可逆過程の熱力学
クリエーター情報なし
太陽書房

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2018-05-16(Wed)
 
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル


最新コメント
sponsored link

現在メルマガは、管理人多忙のため調整中です。しばらくしお待ちください。


週刊 サイエンスジャーナル


Google Ads
Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り