FC2ブログ

太陽の謎を解く「パーカー・ソーラー・プロープ」が接近、驚きの観測結果と深まる謎

 太陽の謎を解く探査機


 太陽は推測年齢は約46億年であるが謎が多く残されている。地球温暖化は温室効果ガスの増加によると考えられているが、実際は太陽活動に周期があるという説もある。


 また、太陽の表面温度は約6,000度であるのに対し、太陽を取り囲むコロナは約200万度という超高温であることが分かっているが、それをもたらす要因は太陽最大の謎とされている。


 そんな謎を解明するために太陽探査のために打ち上げられたのが、パーカー・ソーラー・プローブ(Parker Solar Probe)である。2018年8月12日にケープ・カナベラル基地よりデルタ IV ヘビー10号機で打ち上げられた。


続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 National Geographic news:https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/120600709/

  

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2020-01-13(Mon)
 

「観測史上最高エネルギーのガンマ線」を観測!

 ガンマ線の発見とその正体


 ガンマ線というと放射線の一種である。最初に発見されたガンマ線は放射性物質から発生するものだった。放射性物質の中には「ガンマ崩壊」と呼ばれる放射性崩壊過程がある。フランスの化学者かつ物理学者であるポール・ヴィラールは1900年にラジウムから放出される放射線を研究しているときにガンマ線を発見した。


 ガンマ線の発生源はそれだけではなかった。1911年~1912年、ビクター・フランツ・ヘスは、気球を用いた放射線の計測実験を行い、地球外から飛来する放射線を発見した。当時はまさか、宇宙から放射線がやってくるとは思われていなかった。彼はこの業績により1936年にノーベル物理学賞を受賞している。


 では宇宙から飛来するガンマ線の正体は何であろうか。その正体は、大きな恒星が寿命を終えてブラックホールになる際や、 ブラックホールや中性子星(中性子からなる超高密度の天体)が合体する際に生じる現象だと考えられている。


続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 Business Insider:https://www.businessinsider.jp/post-204100

  

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2020-01-12(Sun)
 

今年の始めと終わりは「部分日食」!次回皆既日食は2035年、金環日食は2030年

 2012年の金環日食


 日本での日食というと、2012年5月20日の日食を思い浮かべる。この時は東京でも観察できた珍しい金環日食であった。中国南部、日本列島、太平洋、アメリカ合衆国西部などで20・21日に観測された。


 20日・21日と2日間にわたっているのは食の経路が日付変更線をまたいだためで、先にアジア地域で21日の朝(現地時間)に見られた後、北米地域では20日の夕方(現地時間)に見られた事による。 金環日食の中心食帯が日本列島の南側を通過し、九州地方南部、四国地方南部、近畿地方南部、中部地方南部、関東地方では金環日食の、また中心食帯の外側の日本列島の全域では部分日食の観測可能域となった。



 日本で皆既日食が見られるのは2035年9月2日(皆既帯は北陸~北関東)、金環日食が見られるのは2030年6月1日(金環帯は北海道)である。


続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 国立天文台: https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2019/12-topics03.html

  

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2019-12-31(Tue)
 

月には思っていたよりも大量の水が存在!全表面下に水がある...驚きの研究発表、NASA

 月には水が存在するしかも大量に?


 月に水が存在することは、最近の研究で分かっていた。だがそれは、南極や北極に当たる太陽の光のあたらない場所に限られていた。ところが今回、月の水は月面全体の表面下に存在することがNASAの発表で明らかになった。いったいどうやってその存在が分かったのだろうか?


 2008年10月、月の南極点近くにあり、氷があると有望視されていた「シャックルトン・クレーター」内部の撮影に、日本の月探査機「かぐや」が世界で初めて成功した。だが、当時の宇宙航空研究開発機構(宇宙機構)などの画像分析では、氷になった水の層を確認できなかった。


 シャックルトン・クレーターは月の南極点に近接し、内部は太陽光がほとんど当たらず、極低温とされる。米国が過去に打ち上げた衛星によるレーダーを使った実験では、このクレーターに水氷があるかもしれない...とされた。存在が確認できれば、人が生活するのに欠かせない水を現地調達できるため、月面基地を建設する場合の有力候補地と目されていた。


続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 National Geographic news: https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/041700233/

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2019-05-14(Tue)
 

史上初!ブラックホールの影を撮影成功、宇宙誕生の初期に大量の巨大ブラックホール?

 ブラックホールの影の撮影に成功


 日本の国立天文台などの国際共同研究チームが、地球から約5500万光年離れた銀河の中心にある巨大なブラックホールの影を撮影することに史上初めて成功した。日本時間4月10日夜 、世界6カ所で同時発表した。世界各地にある8つの電波望遠鏡を連動させ、得られたデータを活用した成果で、同チームは「巨大ブラックホールとその影の存在を初めて画像で直接証明することに成功した」としている。


 国際共同研究チームには、国立天文台水沢VLBI観測所(岩手県)など日本の研究者のほか、欧米の研究者も参加し計約200人で構成され、研究プロジェクトは「イベント・ホライズン・テレスコープ・プロジェクト」と名付けられた。国際チームは、日本などが運用する南米チリのアルマ望遠鏡やハワイ、南極など6カ所にある8つの望遠鏡の観測データを組み合わせる壮大な観測計画を立てた。


 そして、2017年4月、地球から約5500万光年離れた、おとめ座のM87銀河の中心にある巨大ブラックホールを狙って観測。高解像度の観測で得られた膨大なデータから画像を作成する作業を進めた。その結果、巨大なブラックホールの周辺にあるガスがリング状に輝き、中心が影のように黒く見える画像が得られた。リングの直径は約1000億キロ、ブラックホールの質量は太陽の約65億倍という。


続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考HP サイエンスポータル :https://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2019/04/20190411_01.html

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ ←One Click please

2019-05-01(Wed)
 
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル


最新コメント
sponsored link

現在メルマガは、管理人多忙のため調整中です。しばらくしお待ちください。


週刊 サイエンスジャーナル


Google Ads
Twitter Follow OK!
sponsored link
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ お取り寄せ
グルメ食材 お取り寄せ