FC2ブログ

2018年6月18日大阪北部地震は、見えない活断層が原因?もはや日本列島に逃げる場所無し!

 大阪北部地震発生!


 2018年(平成30年)6月18日7時58分頃、日本の大阪府北部を震源として発生した「大阪府北部地震」には驚いた。


 大阪で地震が起きるなんて誰も予想していなかったからである。地震の規模はM 6.1で、震源の深さは13 km。最大震度6弱を大阪府大阪市北区・高槻市・枚方市・茨木市・箕面市の5市区で観測した。


 地震当日の気象庁による記者会見後、時事通信などマスメディア各社は「気象庁が1923年(大正12年)に観測を開始して以来、大阪府で震度6弱以上の揺れを観測したのは初めて」と報道した。



 しかし、あの1995年の阪神淡路大震災(兵庫県南部地震)では、気象庁の現地調査により大阪府の一部地域(大阪市西淀川区・豊中市・池田市)が震度6であったと判定されており、あれ以来の大地震となった。


続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 THE PAGE: https://thepage.jp/detail/20180630-00000004-wordleaf

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2018-07-10(Tue)
 

九州宮崎県・えびの高原「硫黄山」、250年ぶり噴火!不気味な九州の活発な火山活動

 不気味、九州で活発な火山活動


 硫黄山が噴火した。硫黄山と聞いて、ついにあの鬼界カルデラの硫黄島が噴火したのではないかと思った。今回の硫黄山は宮崎、鹿児島県境の霧島連山・えびの高原の硫黄山で4月19日午後3時39分ごろ、小規模な噴火だ。


 日本では7000年~1万年に1回程度の頻度で、破局噴火が起きている。鬼界カルデラがの噴火を最後に、ここ7300年日本では破局噴火は起きていない。そろそろ時期的には、いつ起きてもおかしくはない巨大噴火。


 7300年前に鹿児島県南方沖の海底火山(鬼界カルデラ)で起きた巨大噴火が、当時の南九州で栄えていた縄文文化を壊滅させたことは、考古学上よく知られている。九州には阿蘇山もある。阿蘇山では分かっているだけでも過去4回大きな噴火を起こし、約9万年前に起きた噴火は最大級の「破局噴火」であった。


続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 朝日新聞: https://www.asahi.com/articles/ASL4M560GL4MTIPE01L.html

硫黄島からの手紙 [DVD]
クリエーター情報なし
ワーナー・ホーム・ビデオ
鎮魂の摺鉢山-硫黄島―写真で見る日米激戦の地
クリエーター情報なし
関東図書

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2018-05-06(Sun)
 

新燃岳本格的なマグマ噴火は前兆か?「スーパー南海地震」は2年以内に起きる!噴火と連動する巨大地震

 東日本大震災から7年...まだ終わっていなかった


 2011年3月11日に東北日本を襲った東北地方・太平洋沖地震(東日本大震災)から7年が経過した。ゆえに東日本大震災は過去のものとして、メディア、行政、住民などの間では「復興」に話題の中心がシフトしてきている。だが、本当にそれだけでいいのだろうか?はなはだ疑問だ。


 なぜならすでに新燃岳の火山活動が活発化しており、直下型地震、プレート型地震、火山噴火との間には、密接な関係があると考えられるからだ。そもそも、これら3つの現象を引き起こすのは、東北日本の場合、北米プレートとその下にもぐり込む太平洋プレート、西南日本の場合にはユーラシアプレートとその下にもぐり込むフィリピン海プレート4枚のプレートの動きがカギを握っている。


 そこから導き出せる結論は、新燃岳の噴火などは、「南海トラフ地震」を四国沖—東海沖地震に範囲を限定せず、「スーパー南海地震」と呼ぶ巨大地震の前兆であり、2020年の東京五輪までに起きる可能性が極めて高いという。


続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/

参考 IRONNA: http://ironna.jp/article/9138

科学の目で見る 日本列島の地震・津波・噴火の歴史 (BERET SCIENCE)
クリエーター情報なし
ベレ出版
南海トラフ巨大地震――歴史・科学・社会 (叢書 震災と社会)
クリエーター情報なし
岩波書店

人気ブログランキングへ ←One Click please

2018-03-13(Tue)
 

7300年前に「破局噴火」!海底「鬼界カルデラ」の内側に、世界最大級の溶岩ドームができていた!噴火の可能性は?

 過去何度も起きている「破局噴火」とは何か?


 噴火の種類に「破局噴火」というものがある。7000年~1万年に1回程度起きる巨大噴火のことだ。


 破局噴火とは、地下のマグマが一気に地上に噴出する壊滅的な噴火形式で、しばしば、地球規模の環境変化や大量絶滅の原因となる噴火である。時には「近代国家が破滅する規模の爆発的巨大噴火」のことをいう。学術用語としてはウルトラプリニー式噴火(Ultra Plinian)、大規模なカルデラの形成を伴うことからカルデラ噴火と呼ぶ場合もある。また、このような噴火をする超巨大火山をスーパーボルケーノ(英語: Supervolcano)と呼ぶ。


 「破局噴火」という言葉は、もともと石黒耀が2002年に発表した小説『死都日本』のために考案した用語である。 作中の設定では、南九州の加久藤カルデラが約30万年ぶりの超巨大噴火を起こし、これを「破局噴火」と呼んでいる。


続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/

参考 サイエンスポータル: http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2018/02/20180216_01.html

死都日本 (講談社文庫)
クリエーター情報なし
講談社
日経サイエンス 2015年 04月号
クリエーター情報なし
日本経済新聞出版社

人気ブログランキングへ ←One Click please

2018-03-12(Mon)
 

草津白根山は水蒸気噴火の可能性高いと判明!火山噴出物からわかるその理由とは?

草津白根山は水蒸気噴火の可能性高い


 草津白根山の本白根山が噴火した影響で、麓にある草津温泉街(群馬県草津町)では宿泊施設のキャンセルが続いている。旧正月で訪れる外国人観光客らが増える2月を前に、地元では「安心してお越しください」とアピールに懸命だ。


 現地に研究拠点がある東京工業大火山流体研究センターの野上健治教授は「噴火地点から温泉街は5キロ離れており、噴石が飛んでくることはあり得ない。温泉街には何も問題ない」と指摘する。黒岩信忠町長も、立ち入り禁止とした噴火口周辺2キロの範囲以外は安全とする文章を町のホームページに載せ、「安心して草津温泉にお越しください」と呼び掛けた。(2018/01/27)


 学者でつくる火山噴火予知連(会長石原和弘京大名誉教授)は1月26日、草津白根山の噴火について「火山活動が高まっており、当面、同程度の噴火が発生する可能性がある」として、監視のために観測強化が必要との見解をまとめた。



続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/

参考 サイエンスポータル: http://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2018/01/20180125_02.html

火山灰シラス/50g
クリエーター情報なし
mono株式会社
火山灰でできたすごか石けん サクラ 100g ※鹿児島桜島のシラスとサクラ葉エキス配合!チューブタイプで持ち運びもラクラクです!
クリエーター情報なし
火山灰でできたすごか石けん サクラ

人気ブログランキングへ ←One Click please

2018-02-04(Sun)
 
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル


最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


Google Ads
Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り