FC2ブログ

「はやぶさ2」の挑戦!小惑星リュウグウに小型機「MINERVA II」「MASCOT」の分離・着陸に成功

 初代「はやぶさ」がやり残したこと


 小惑星探査機「はやぶさ」というと、数々の困難を乗り越え、世界で初めて小惑星の資料回収に成功した探査機だ。2003年5月9日、鹿児島県肝付町のJAXA内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられた。


 イオンエンジンの実証試験を行いながら2005年夏にアポロ群の小惑星 (25143) イトカワに到達。2005年11月、イトカワに2回着陸した後、通信が途絶。復旧後の2007年1月、カプセルのふたを閉めて地球への帰路についた。


 60億kmの旅を終え、地球に大気圏再突入。サンプル容器が収められたカプセルはオーストラリアのウーメラ立入制限区域内にパラシュートを展開して降下、2010年6月14日、無事に回収された。打ち上げから、帰還まで7年という長い時間が過ぎていた。



続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 アストロアーツ: http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/10189_minerva2

速報! JAXA探査機はやぶさ2号機 小惑星リュウグウに到着する: 一科学者のリュウグウ予想と、その実際の姿
クリエーター情報なし
ロビー出版
わかる! 楽しむ! 火星大接近&はやぶさ2: 惑星探査の最前線と2018年天体イベントの見方がやさしくわかる (SEIBUNDO MOOK)
クリエーター情報なし
誠文堂新光社

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2018-10-21(Sun)
 

フリーゲージトレイン、北陸・九州新幹線の導入を断念!問題は耐久性とコスト、開発は継続

 フリーゲージトレイン(FGT)とは何か?


 フリーゲージトレインとは、レール幅(ゲージ)が異なる新幹線と在来線を走行できるように、車輪の幅を変えられるようにした列車。


 軌間可変電車ともいう。鉄道車両が異なる軌間の線路へ直通することができる機構であり、車輪を車軸方向にスライドさせる台車を搭載した車両を、軌間の異なる線路を接続するように設置された軌間変換装置を通過することで軌間を変更できる。


 日本の鉄道総合技術研究所による軌間可変電車(FGT)は、新幹線の1,435mm(標準軌)と在来線の1,067mm(狭軌)の両方の軌間を走行可能な車両として開発されている。1998年の第一世代車両から数世代に渡って走行試験が行われているが、実用化の目処は立っていない。



続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 東洋経済: https://toyokeizai.net/articles/-/217485


新幹線 最前線―週刊東洋経済eビジネス新書No.231
クリエーター情報なし
東洋経済新報社
週刊 東洋経済増刊 鉄道完全解明2013 2013年 2/22号 [雑誌]
クリエーター情報なし
東洋経済新報社

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2018-09-18(Tue)
 

新・移動革命?クルマのつくる未来が明るい!ソーラーパネル型電気自動車、空飛ぶドローン型モビリティ

 クルマの魅力は快適な空間移動


 先日千葉へ「チバニアン」を見にクルマで行ってきたが、有料道路が充実しているので比較的楽に運転できた。しかし、横浜新道に入るまでの区間は渋滞していて大変だった。そして料金が往復で6,000円にもなるのでもう少し安くなるといいと思う。


 クルマはハイブリッドなので、ガソリン代も昔より気にならなくなった。渋滞中心配なのは追突事故だが、最近はAIによる自動運転技術がすすんできて追突防止装置付きのクルマもある。クルマは安全に運転を楽しみつつ、いかに快適に過ごせるかが重要だ。


 「チバニアン」は地磁気逆転の証拠を残す代表的な地層として、世界的な標準地となるがその理由がよくわかった。ハッキリとした厚くて観察しやすい地層だった。最寄りの駐車場やバス停から歩いて5分。交通の便も良い。一度は訪れたい場所だ。



続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 Sankei.Biz: https://www.sankeibiz.jp/business/news/180901/bsa1809010500001-n1.htm


「空飛ぶクルマ」の衝撃 見えてきた次世代モビリティー (日経ビジネス)
クリエーター情報なし
日経BP社
 世界に衝撃を与えた近未来の空飛ぶバイクやクルマ空飛ぶ乗り物 ここまで来た!近未来型 空飛ぶバイク・車
クリエーター情報なし
メーカー情報なし

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2018-09-07(Fri)
 

宇宙開発、官民協力の時代!米ついに「ソユーズ」離れ、民間宇宙船(スペースX・ボーイング)でISSへ

 民間宇宙船でISSへ 新しい宇宙開発の時代到来へ


 世界で初めてアメリカの民間企業の宇宙船で国際宇宙ステーションに向かう宇宙飛行士が発表され、政府ではなく民間による本格的な宇宙開発の時代が近づいていると注目されている。


 アメリカ航空宇宙局(NASA)は、民間企業に資金を援助するなどして宇宙開発への参入を促しており、アメリカの宇宙開発ベンチャー、スペースXと大手航空機メーカーのボーイングが有人宇宙船を打ち上げ、国際宇宙ステーションに宇宙飛行士を送り届ける計画。NASAは3日、南部テキサス州のジョンソン宇宙センターで、民間の宇宙船に初めて乗り込むアメリカ人9人を発表した。


 スペースXは有人宇宙船を打ち上げる試験飛行を、来年4月に、ボーイングは来年の半ばにそれぞれ行うとしており、その後、国際宇宙ステーションに向けた打ち上げが行われるという。



続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 マイナビニュース: https://news.mynavi.jp/article/20180820-681290/

国産旅客機MRJ飛翔
クリエーター情報なし
大和書房
国産ロケットH‐2宇宙への挑戦―最先端技術にかけた男たちの夢
クリエーター情報なし
徳間書店

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2018-09-05(Wed)
 

蘇るマヤ文明!レーザー技術で数万におよぶピラミッド・宮殿などの建造物、農地など新発見

 謎に満ちたマヤ文明


 マヤ文明というっと、メキシコ南東部、グアテマラ、ユカタン半島などいわゆるマヤ地域を中心として栄えた文明である。


 紀元前2000年頃にマヤ文明は開花したというから歴史は古い。各地で都市国家が樹立した。古典期後期(A.D.600-900)の終わり頃の人骨に栄養失調の傾向があったことが判明しているため、焼畑(ミルパ)農法や建造物に使用する漆喰を造るために、森林伐採を行い続けた。その結果、地力の減少によって食糧不足や戦争、疫病の流行が起こり衰退した。


 後古典期(A.D.900-1524)には、マヤパン(Mayapan)やコスメル島(Cozmel Island)が、カカオ豆やユカタン半島の塩などの交易で繁栄した。長い歴史の中で統一国家を樹立することなく、各地の都市国家が合従連衡と興亡を繰り返し、16世紀、スペイン人の侵入を迎えた。1697年最も遅くまで自立を保っていたタヤサルが陥落、マヤ圏全域がスペイン領に併合された。



続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 CNN news: https://www.cnn.co.jp/style/architecture/35115470.html


レーザー技術入門講座―光の基礎知識とレーザー光の原理から応用技術まで
クリエーター情報なし
電波新聞社
BEVA レーザー距離計 最大測定距離40m 軽量型距離測定器 距離測定 LCDデジタル表示 距離/面積/容積/ピタゴラス間接測定 (40m)
クリエーター情報なし
BEVA

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2018-09-03(Mon)
 
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル


最新コメント
sponsored link

現在メルマガは、管理人多忙のため調整中です。しばらくしお待ちください。


週刊 サイエンスジャーナル


Google Ads
Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り