クジラが小さくなったのは、個体群崩壊の前兆か?商業捕鯨モラトリアムに科学的根拠、日本の食文化に影響

 個体群動態論


 個体群動態論 (Population dynamics) は、生物の個体群の大きさ(個体数や生物量、密度)の時間的・空間的変動の様子を研究する分野。個体群動態学とも呼ばれる。個体群生態学における一分科であり、なおかつ個体群生態学の主要部分でもある。


 個体群動態論の最も簡単な数理モデルの一つに指数関数的増加(英語版)モデルがある。指数関数的増加モデルを用いることで、既に存在する個体群に対し、任意の与えられた個体群に関する変動率を求めることが可能となる。個体群動態論の最初の原理は、トマス・ロバート・マルサスのマルサスモデルに遡る。


 マルサスは1798年に『人口論』を出版し、人口の指数関数的成長を示唆した。1838年にはピエール=フランソワ・フェルフルストによりロジスティック方程式が提出された。この数理モデルでは、マルサスモデルの非現実的な側面である、無制限な指数関数的成長が解消され、個体群密度の増加に伴う個体群サイズ成長の抑制が記述された。ロジスティック方程式は、1920年にレイモンド・パールとローウェル・J・リードによってショウジョウバエの個体群サイズ成長の解析に用いられ、個体群サイズの増え方の基礎として定着していった。



続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考: AFPBB news: クジラの体長縮小、個体群崩壊の前兆か

クジラコンプレックス 捕鯨裁判の勝者はだれか
クリエーター情報なし
東京書籍
捕鯨問題の歴史社会学―近現代日本におけるクジラと人間
クリエーター情報なし
東信堂

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2017-07-12(Wed)
 

猪・鹿・猿・熊...拡大する野生鳥獣の被害!対策の切り札は「オオカミ」そして「ジビエ」食文化導入

 野生鳥獣による被害の概況


 野生鳥獣による被害が深刻だ。 野生鳥獣による農作物被害額は、平成21年度以降は200億円を上回っている状況。被害のうち、全体の7割がシカ、イノシシ、サルによるもの。特に、シカ、イノシシの被害の増加が顕著で、平成26年度に成立した改正鳥獣保護法によりシカの捕獲目標が約倍となった。


 さらに、鳥獣被害は営農意欲の減退、耕作放棄地の増加等をもたらし、被害額として数字に現れる以上に農山漁村に深刻な影響。 鳥獣被害が深刻化している要因としては、鳥獣の生息域の拡大、狩猟による捕獲圧の低下、耕作放棄地の増加等が考えられる。


 森林被害面積は、近年約5~7千haで推移。213億円森林被害(平成21年度は約6.1千ha) シカ、カモシカ等による幼齢木の食害、シカ、クマ等による樹皮剥ぎ被害などが多く、シカによる被害が全体の約7割を占める。



続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 産経新聞: 獣害対策の切り札は「オオカミ」絶滅種の復活を本気で目指す団体

オオカミが日本を救う!: 生態系での役割と復活の必要性
クリエーター情報なし
白水社
ジビエを食べれば「害獣」は減るのか―野生動物問題を解くヒント
クリエーター情報なし
八坂書房

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2017-06-29(Thu)
 

東京湾にある野鳥の楽園!東京都が葛西海浜公園(三枚州)、千葉県が三番瀬のラムサール条約登録目指す

 東京都 葛西海浜公園のラムサール条約登録目指す


 東京都は、江戸川区の葛西海浜公園を、世界的に貴重な湿地の保護を定めたラムサール条約に登録することを目指し、今後、国や地元と調整を進めることにしている。


 小池百合子知事は3月15日の都議会予算特別委員会で、野鳥の飛来地として知られる葛西海浜公園(江戸川区)のラムサール条約保全地域登録を目指す考えを示した。登録されれば都内初となる。公明党の上野和彦議員の質問に答えていた。


 上野議員は「同公園には2万羽を超えるスズガモなどの野鳥が飛来する」などと指摘。小池知事は「国際的にも重要な生息地。国や区と連携して調査を行い、検討を加速する」と述べた。同公園は1989年に開園。日本野鳥の会・東京の調査によると、約411万平方メートルの敷地に植物や昆虫など多くの生き物がすみ、野鳥だけでも260種類が確認されている。



続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 NHK news: 東京都、葛西海浜公園のラムサール条約登録目指す

鳴き声から調べる野鳥図鑑—おぼえておきたい85種 (音声データCD付き)
クリエーター情報なし
文一総合出版
三番瀬・四季の野鳥たち
クリエーター情報なし
風濤社

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ ←One Click please

2017-06-14(Wed)
 

冷戦中の核実験が、象牙密猟の証拠を提示に?古い象牙に刻まれた放射性同位体の痕跡

 放射性炭素と、核実験の意外な関係


 放射性炭素年代測定とは、自然の生物圏内において放射性同位体である「炭素14 (14C)」 の存在比率が1兆個につき1個のレベルで一定に保たれていることを基礎とする動植物の遺骸を使用する年代測定方法である。無機物及び金属では測定が出来ない。


 地球自然の生物圏内では炭素14の存在比率がほぼ一定であり、動植物の内部における炭素14の存在比率は、死ぬまで変わらないが、死後は新しい炭素が補給されなくなるため、存在比率が下がり始める。この性質と炭素14の半減期が5730年であることから年代測定が可能となる。


 炭素14はどこでできるのだろうか? 実は大気上層で高エネルギーの一次宇宙線によって生成された二次宇宙線に含まれる中性子と窒素原子核の衝突から、年間7.5キログラム程度生成されている。また、核実験や核燃料の再処理によっても大気中に放出されている。生成された炭素14は直ちに酸素と結合し二酸化炭素になり、大気中に拡散する。但し、生成量の年変動は約30%と想定されているが海洋などとの交換により0.6%程度にまで小さくなる。



続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 National Geographic news: 冷戦中の核実験が、象牙密輸の証拠を提示

核実験は何をもたらすか―核大国アメリカの良心を問う
クリエーター情報なし
新日本出版社
中国の核実験─シルクロードで発生した地表核爆発災害─〔高田 純の放射線防護学入門〕 (高田純の放射線防護学入門シリーズ)
クリエーター情報なし
医療科学社

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2017-04-21(Fri)
 

鹿児島県「奄美群島国立公園」誕生!「奄美・沖縄」世界自然遺産への登録も...課題は野生化したネコ

 鹿児島県の奄美群島が34番目の国立公園に


 平成29年3月7日、国内34カ所目の国立公園として、「奄美群島国立公園」が新たに誕生した。公園のテーマは「生命にぎわう亜熱帯のシマ~森と海と島人の暮らし~」。面積は、陸域で42,181ha、海域で、33,082ha。場所は鹿児島県、奄美群島国立公園は、鹿児島県の南部に位置する。


 国内最大規模の亜熱帯照葉樹林が広がるとともに、大陸や日本本土との分離・結合を繰り返した島々の地史を背景に、アマミノクロウサギをはじめとする多種多様な固有で希少な動植物が生息・生育し、世界有数の速度で今も隆起するサンゴ礁段丘、琉球石灰岩の海食崖やカルスト地形、世界的北限に位置するサンゴ礁、マングローブや干潟等多様な自然環境を有する地域だ。 


 また、このような自然環境の中での日々の暮らしで育まれてきた伝統的な人文景観も特長的。奄美群島国立公園では、このよう大自然を舞台に、海岸沿いの景勝地や海浜巡り、亜熱帯照葉樹林の散策、マングローブでのカヌー体験のほか、シーカヤックやダイビング、グラスボートによる海中景観探勝も体験することができる。このほか、地域固有の動物などを観察するツアーも行われており、訪れる公園利用者へ良質な自然とのふれあいの場・機会を提供している。魅力あふれる「奄美群島国立公園」に、ぜひ、足を運んでみたいものだ。



続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 NHK news: 奄美群島を国立公園に指定 貴重な生き物が棲息


屋久島・奄美 (ブルーガイド てくてく歩き)
クリエーター情報なし
実業之日本社
日本の国立公園まるわかり事典 (楽しい調べ学習シリーズ)
クリエーター情報なし
PHP研究所

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2017-03-27(Mon)
 
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル

全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m


Amazon.co.jp
最新記事
Amazon.co.jp
最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


sponsered link

 全力で情報収集し、記事を
まとめています。
参考になりましたら、広告を
クリックしていただけると
励みになります。m(_ _)m

Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り