太平洋ゴミベルトの46%が漁網!自然界の分解追いつかず、プラゴミの海洋汚染は、2050年までに3倍

 太平洋ゴミベルトとは何か?


 太平洋ゴミベルトは世界でもっとも多くのゴミが漂う海域だ。米国カリフォルニアとハワイの間にあり、面積は日本の倍以上と言われる。


 巨大ごみ海域は、五大海洋循環の一つである北太平洋循環の内側にある。太平洋ゴミベルト(Great Pacific Garbage Patch)は、北太平洋の中央(およそ西経135度から155度、北緯35度から42度の範囲)に漂う海洋ごみの海域である。浮遊したプラスチックなどの破片が北太平洋循環の海流に閉ざされ、異常に集中しているのが特徴の海域である。


 太平洋ゴミベルトの存在はアメリカ海洋大気圏局によって公開された1988年の文書で予測された。予測は1985年から1988年の間アラスカの研究者によって得られた水表面のプラスチック粒子の測定の結果に基づいていた。この研究は、特定の海流のパターンに支配されている地域に高濃度の海洋ごみが集まることを示していた。研究者らは日本海の調査結果に基づき、類似した状況が太平洋の他の部分で起こると仮定し、特に北太平洋環流を指摘した。


続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/

参考 National Geographic news: http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/032600132/

プラスチックの海―おびやかされる海の生きものたち
クリエーター情報なし
海洋工学研究所出版部
「社会の裏側!」 海に漂うプラスチック破片には、人類が過去生産してきた多くの有害化学物質、とくに「POPs」が含まれていた! ニッポン人の心と体を救う山田流「時事呆談」: 太平洋の真ん中に、日本列島10倍大の「プラゴミ島」があるのをご存じか
クリエーター情報なし
こみにて出版会

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2018-04-22(Sun)
 

ダークマターない銀河と99.99%ダークマターの銀河を発見!逆説的だが、ダークマターの存在を証明

 宇宙の約30%を占める謎の物質「ダークマター」


 宇宙はおもしろい。観察すれば観察するほど不思議な現象が発見されるからだ。


 宇宙を構成するものは何だろう? 宇宙は、ダークマター(暗黒物質)27%、ダークエネルギー(暗黒エネルギー)69%、目に見えている物質はわずか4%しか存在しないという。ESAの人工衛星「プランク」が、宇宙マイクロ波背景放射を詳細に観測した結果である。


 「ダーク」というのはその正体がわかっていないことを意味する。ニュートリノとする説もあったが実験や観測で否定され、現在は未発見の素粒子とする説が有力だ。


続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 National Geographic news: http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/033000143/

ダークマターと恐竜絶滅 新理論で宇宙の謎に迫る
クリエーター情報なし
NHK出版
Newton ダークマター
クリエーター情報なし
株式会社ニュートンプレス

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2018-04-20(Fri)
 

およそ2億8千万年前、古代の南極には恐竜や森林が存在した!ポールシフト、古代文明存在の可能性も?

 古代の南極には恐竜や森林が?


 南極は謎に満ちた大陸である。南極で恐竜や植物の化石が見つかっている。約1億8千万年前まで南極はゴンドワナ大陸の一部でした。その後、少しずつゴンドワナ大陸はわかれて、南極大陸の周囲には海ができた。そのあと、南極は今あるところに移動して、氷に覆われるようになった。ちなみに恐竜がいたのは2億3千万年前から6,500万年前の間である。


 現在の南極は厚く固い氷に覆われた不毛の地だが、2億8000万年あまり前には木々が生い茂っていた...。今回、米ウィスコンシン大学などの研究者が、そんな可能性を示唆する化石を発見した。


 地質学者のエリック・ガルブランソン氏らは前回の南極の夏、これまで南極で発見された中で最古の森のものとみられる化石に遭遇した。最初の恐竜が地上を闊歩(かっぽ)する以前の時期のものだ。


続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 CNN news: https://www.cnn.co.jp/fringe/35113051.html

北極と南極の100不思議
クリエーター情報なし
東京書籍
南極大陸 完全旅行ガイド (地球の歩き方GEM STONE)
クリエーター情報なし
ダイヤモンド・ビッグ社

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2018-04-19(Thu)
 

人体で最大、新しい「器官」を発見?「間質」が「がん細胞」の拡散を助け、体内転移する導管の役割

 「間質」とは何か?


 間質とは臓器で、実質以外の部分ストローマ、基質ともいう。臓器に固有の細胞群に対し、その間に入り込む結合組織などで、血管、神経、膠原繊維、繊維芽細胞など、生体内のある機能をもつ組織や器官などの実質を、支えたり結合させたりする組織のこと。


 米ニューヨーク大学などの研究チームが、体内の「間質」と呼ばれる空間の構造と分布に関する詳細を研究し、「人体の新しい器官を発見した」として、3月27日の学術誌に論文を発表した。人体で最大の器官かもしれないとの見方も示しているが、この説に対して異論を唱える専門家もいる。


 間質は、全身の組織と組織の間の液体で満たされた空間をさす。間質組織や間質液については従来から知られていたが、今回の研究では、これまで認識されていなかった人体の機能が解明されたとして、間質を「器官」と呼ぶことを提唱した。


続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 CNN news: https://www.cnn.co.jp/fringe/35116822.html

岩波講座現代生物科学〈10〉組織と器官 (1975年)
クリエーター情報なし
岩波書店
間質性肺疾患診療マニュアル
クリエーター情報なし
南江堂

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2018-04-18(Wed)
 

衝撃!アマゾン熱帯雨林「人類未踏の地」に、過去100万人居住の「アマゾン文明」が存在していた!

 プラトン「ティマイオス」に記述された「アトランティス文明」


 未知の文明というと「超古代文明」などを思い出す。超古代文明は、有史以来の文明(四大文明など)が成立したとされる紀元前4000年頃より以前(先史時代)に存在したとされる、非常に高度な文明や不明な点が多い文明である。


 ムーやアトランティスなどの伝承や創作文学などを発端とするものが多い。これらの文明には、現代文明をしのぐ卓越した技術によって繁栄したが、自らの超技術に溺れて自滅したり、驚異的な天変地異によって消滅したというロマンチックな物語が付随し、様々な都市伝説や噂が広がり考古学でも議論が続くテーマでもある。


 ソクラテスの弟子プラトンの著書「ティマイオス」の冒頭で、ソクラテスが前日にソクラテスの家で開催した饗宴で語ったという「理想国家論」が要約されるが、その内容はプラトンの「国家」とほぼ対応している。そして、そのような理想国家がかつてアテナイに存在し、その敵対国家としてアトランティスの伝説が語られる。


続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 National Geographic news: http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/032900140/

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福
クリエーター情報なし
河出書房新社
衝撃の古代アマゾン文明―第五の大河文明が世界史を書きかえる
クリエーター情報なし
講談社

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2018-04-17(Tue)
 

火星にはかつて海があった?水の現存量、海岸線の不一致...矛盾を解決する巨大火山群の存在

火星の海の矛盾を解決する巨大火山群

 火星にはかつて海が存在した...というのは、火星に水の存在、火星の地形、存在する物質などから推定できる。もはや常識的だが、まだまだ反対意見も根強い。


 火星には太古の海に侵食されて作られたと考えられる海岸線のような地形がいくつも存在しており、かつて火星に海が存在した証拠だと考えられている。一方で現在の火星に存在する水の総量が少なすぎることから、海はなかったとする研究者もおり、海の存在に関する見解は分かれている。


 火星の極地方には極冠という形で水の氷が少し存在しているが、これだけでは海と呼べるほど広い面積を覆うにはとても足りない。したがって、もし太古に海があったとすれば、その水は今では地下の永久凍土となっていて、残りは宇宙空間に散逸したことになる。


続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 アストロアーツ: http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/9805_mars

双子の探査車がとらえた火星風景 宇宙画像ebook
クリエーター情報なし
株式会社ブックブライト
火星にいった3人の宇宙飛行士 (RIKUYOSHA Children & YA Books)
クリエーター情報なし
六耀社

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2018-04-16(Mon)
 

NASA未知の惑星見つける新宇宙望遠鏡(TESS)打ち上げへ!300光年以内の系外惑星を2年で調べることができる

NASA 未知の惑星見つける新宇宙望遠鏡打ち上げへ


 観測できる範囲がこれまでより格段に広い宇宙望遠鏡を来月、NASA(アメリカ航空宇宙局)が打ち上げることになり、生命を育む環境が整った未知の惑星を発見できるのではないかと期待されている。


 惑星は、みずからは光を放たないため見つけるのが難しく、太陽のように光を放つ恒星の前を横切った際に、光がわずかに弱まるのを観測することで見つかる。


 NASAは3月28日、記者会見を開き、未知の惑星を見つけるための新しい宇宙望遠鏡「TESS」を4月16日以降に打ち上げ、機器が正常に機能するか調べたあと、打ち上げの60日後から観測を始めると発表した。



続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 sorae.jp:http://sorae.info/030201/2018_03_29_nasa-2.html

ハッブル宇宙望遠鏡によるビジュアル宇宙図鑑―詳細画像でわかる宇宙の姿
クリエーター情報なし
誠文堂新光社
ハッブル宇宙望遠鏡がとらえた驚異の大宇宙【第3版】
クリエーター情報なし
株式会社ブックブライト

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ ←One Click please

2018-04-15(Sun)
 

1億分の1秒を撮影可能、超高速デジカメ開発!これは凄い、光の動きを捕えることに成功!

1億分の1秒を撮影可能 超高速デジカメ開発


 光は速い速いといいながら、今一つ実感が湧かないというのが、大方の感想ではないだろうか。もし、そんな速い光を映像で捕らえることができれば、実感が湧くに違いない。


 今回、1億分の1秒の一瞬の光景を捉えることができる超高速デジタルカメラを近畿大学などのグループが開発し、レーザーの光が進んでいく様子を撮影することに成功した。


 超高速デジタルカメラを開発したのは、近畿大学や立命館大学などのグループ。


続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 近畿大学 News Release: www.kindai.ac.jp/news-pr/news-release/index_2.html

CASIO デジタルカメラ HI-SPEED EXILIM EX-FC100 ホワイト EX-FC100WE
クリエーター情報なし
カシオ
CASIO EXILIM デジタルカメラ ハイスピード 快適シャッターブラック EX-ZR1000BK
クリエーター情報なし
カシオ

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2018-04-14(Sat)
 

宇宙は原始銀河団であふれている!すばる望遠鏡の観測で、約120億光年かなたに銀河団の祖先を発見!

 宇宙はどのような構造になっているのだろう?


 まず、私たちの太陽系は、太陽および太陽の周囲を公転する天体(惑星系)と微粒子、さらに太陽活動が環境を決定する主要因となる空間から構成される領域である。太陽の周囲を公転する天体には、現在確認されているだけで8個の惑星、5個の準惑星、多数の太陽系小天体がある。


 太陽系小天体には小惑星、太陽系外縁天体(ただし外縁天体のうちの冥王星型天体は準惑星に含まれる)、彗星、惑星間塵などがある。惑星や準惑星、太陽系小天体にはその周囲を公転する衛星や環を持つものもある。


 太陽系の中心に位置する太陽は、約10万光年の直径を持つ銀河系(天の川銀河)と呼ばれる銀河を構成する、約2000億個の恒星の一つである。銀河系の中ではオリオン腕に位置する。銀河系の中で太陽は典型的な恒星の一つであると考えられている。太陽系は銀河系の中心から26100±1600光年ほどの位置にあると考えられている。太陽系は240±14km/sの速度で銀河系内を周回しており、約2億2600万年で銀河系内を1公転する。


続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 国立天文台: https://www.nao.ac.jp/news/science/2018/20180305-hsc.html

Newton 宇宙の大規模構造
クリエーター情報なし
株式会社ニュートンプレス
大宇宙MAP ~天体の距離から見えてくる宇宙の構造~: 地球から宇宙の果てまで (大人のための科学入門)
クリエーター情報なし
誠文堂新光社

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2018-04-13(Fri)
 

情報鎖国大国日本では考えられない?米軍機が遭遇した未確認飛行物体、新たな映像公開

米軍機が遭遇した未確認飛行物体、新たな映像公開


 先の太平洋戦争に負けてから、日本は今、江戸時代に逆戻りしており情報が鎖国状態にある。「何を馬鹿な!インターネットが普及しグローバル社会になったではないか。何でも知ることができるはず!」と思っているそこのあなた。日本はマスコミが都合の良いニュースだけしか流していないのを知らないでいるのだ。


 例えば、全国各地でテレビは中継を行うが、宗教施設が映されることはまずない。理由は特定の宗教だけ映すのはいけないと勝手にマスコミがルールを決めているからだ。学校でも教育基本法では宗教を尊重するといいながら、一切触れることはしない。こうして全国の純粋な子供たちが、すばらしい宗教があっても目にしたり出会う機会はほとんどなくなっていく。


 やがて十分に洗脳された大人になって、宗教施設を見ても「ああ、あれはいけないものなのだ」と見向きもしなくなる。マスコミはありのままをそのまま映すことはしないのだ。これは逆に無神論の全体主義思想、共産主義思想を広げているとしか思えない。


続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 CNN news: https://www.cnn.co.jp/fringe/35116071.html


「宇宙の法」入門 (OR books)
クリエーター情報なし
幸福の科学出版
Complete Studio Albums
クリエーター情報なし
Chrysalis

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2018-04-12(Thu)
 
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル


最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


Google Ads
Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り