死者行方不明者200人以上!平成30年7月西日本豪雨は、なぜ長時間、広範囲に被害をもたらしたのか?

 平成30年7月豪雨


 2018年(平成30年)6月28日から7月8日頃にかけて、西日本を中心に北海道や中部地方など全国的に広い範囲で集中豪雨が記録された。台風7号および梅雨前線等の影響により起きた集中豪雨である。7月9日に気象庁が「平成30年7月豪雨」と命名した。


 西日本の広い範囲で、河川の氾濫や洪水、土砂災害などの被害が発生している。2018年7月16日13時45分現在の総務省消防庁による被害状況の集計によると、人的被害は、死者 211名、行方不明者18名、建物被害は全壊401、半壊347、床上浸水9,915棟、床下浸水棟17,008にものぼっている。


 6月29日に発生した台風7号は太平洋高気圧の外側を回り込むように7月4日にかけて東シナ海を北上し、対馬海峡付近で進路を北東に変えて日本海上に抜けたが、太平洋高気圧の影響で梅雨前線が7月2日から5日頃に北海道に停滞し、広範囲で雨量が7月の月降水量の平年値を超えるなどした。



続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 クローズアップ現代+: http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4156/index.html

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2018-07-18(Wed)
 

6月は観測史上初!沖縄・奄美地方に次いで関東甲信地方が梅雨明け、今夏は猛暑の予感

関東甲信地方が梅雨明け


 気象庁は6月29日、関東甲信地方が梅雨明けしたとみられると発表した。記録が残る1951年以降、同地方では最も早い梅雨明けで、6月は初めて。これまでで最も早かったのは2001年の7月1日だった。昨年より7日早く、平年より22日早い。


 今年の梅雨明けはこれまで沖縄地方と奄美地方だけ。昨年に続き、2年連続で九州より早い関東甲信の梅雨明けとなった。梅雨の期間(梅雨入りした6月6日から梅雨明け前日の6月28日まで)の日数は23日となり、1978年(6月11日から7月4日まで)に並んで1番の短さであった。


 気象庁によると、6月29日は太平洋高気圧におおわれ、関東甲信とその周辺で気温が上がり、昼過ぎまでに新潟県長岡市で37.0度、山形市で36.7度を記録。いずれも6月の最高を更新した。東京都心では6月28日まで4日連続で真夏日となっており、29日を含め、今後1週間先まで最高気温が30度を超える日が続くとみられる。


続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

参考 tenki.jp:https://tenki.jp/forecaster/deskpart/2018/06/29/1103.html

2018-07-17(Tue)
 

水琴窟の水滴「ぽちゃん」、音出る仕組みを解明!衝突音ではなく泡の破裂音だった

水琴窟の音の正体


 水琴窟の音は、地中に作りだされた小さな空洞の中に水滴を落とした際に発生する音で、音を空洞内で反響させ、地上に漏らしたものである。音が小さい場合、聞くための竹筒などを設置してある場合もある。


水琴窟の音は「極めて静穏な庭園」において、縦穴の上部から半径2m以内の地点で明瞭に、半径4m以内の地点で比較的明瞭に聞き取ることができる。


 水琴窟の音は底部に溜まった水の深さに影響される。深さが深ければ「静的な深みのある音」が、浅ければ「騒的な軽い音」が出、水琴窟内部の空洞の高さの1/10ほど水が溜まった際に「清楚にして中和せる」、最良の音が出るという。また、水滴が底部の中心部に落ちると「正確にして且豊か」で、中心から外れるほど「繁雑にしてかつ貧しきものとなる」そうだ。


参考 National Geographic news:http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/062600279/

続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2018-07-16(Mon)
 

進化するティラノサウルス!北海道で見つかった恐竜化石は中型のティラノサウルス類、巨大化解明に貢献

 ティラノサウルスの進化


 ティラノサウルスといえば、約6850万- 約6550万年前(中生代白亜紀末期)の北アメリカ大陸に生息していた有名な肉食恐竜である。大型獣脚類の1属。


 骨格標本から推定される成体の体長は約11 - 13m、頭骨長は約1.5mで、その体重は概ね5 - 6tと推測されている(体重に関しては異説も多く最低3tから最大9tまで幅がある)。発見されているティラノサウルスの化石はそれほど多くはなく、2001年の時点では20体程度であり、そのうち完全なものは3体のみである。


 ティラノサウルスの祖先はいったいいつ頃出現し、どのように進化したのだろうか?


 2016年3月には、およそ9000万年前、ティラノサウルスの祖先に当たる新種の恐竜の化石が、ウズベキスタンで発見された。体は馬ほどの大きさで、長い脚で走って獲物を追いかけ、鋭い牙で草食動物を捕食していたとみられる。



参考 サイエンスポータル: https://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2018/06/20180621_01.html

続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2018-07-13(Fri)
 

2018年6月18日大阪北部地震は、見えない活断層が原因?もはや日本列島に逃げる場所無し!

 大阪北部地震発生!


 2018年(平成30年)6月18日7時58分頃、日本の大阪府北部を震源として発生した「大阪府北部地震」には驚いた。


 大阪で地震が起きるなんて誰も予想していなかったからである。地震の規模はM 6.1で、震源の深さは13 km。最大震度6弱を大阪府大阪市北区・高槻市・枚方市・茨木市・箕面市の5市区で観測した。


 地震当日の気象庁による記者会見後、時事通信などマスメディア各社は「気象庁が1923年(大正12年)に観測を開始して以来、大阪府で震度6弱以上の揺れを観測したのは初めて」と報道した。



 しかし、あの1995年の阪神淡路大震災(兵庫県南部地震)では、気象庁の現地調査により大阪府の一部地域(大阪市西淀川区・豊中市・池田市)が震度6であったと判定されており、あれ以来の大地震となった。


続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 THE PAGE: https://thepage.jp/detail/20180630-00000004-wordleaf

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2018-07-10(Tue)
 

人類が火星の次に向かう木星、探査機「ジュノー(Juno)」が撮影した驚異の映像!

 人類は火星の次に木星に向かう


 人類はやがて火星へ到達する。そしてその次は間違いなく木星へも行くことになるだろう。現在、NASAが10億ドル(約1100億円)を投じ、開発した木星探査機「ジュノー(Juno)」が、木星を高速で周回している。


 ジュノーは時速最高13万マイル(約21万キロメートル)で旅をしながら木星に接近、搭載された可視光カメラ「JunoCam」で約53日ごとに新たな画像を撮影している。画像の受信には数日から数週間を要することもあるが、待つだけの価値はある。最新の画像は渦を巻く、幻想的な雲や嵐の姿を捉えている。


 NASAやサウスウェスト・リサーチ・インスティテュート (Southwest Research Institute)の研究者たちは12月、彼らのウェブサイトに未加工の画像データをアップした。以来、多くの人々が白黒画像を、カレンダーにもなった、鮮やかなカラー画像に加工してきた。


続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 AFPBB news: http://www.afpbb.com/articles/-/3179820

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2018-07-09(Mon)
 

探査機はやぶさ2、「リュウグウ」に到着!「炭素 豊富に含む」小惑星、太陽系の起源に迫る

 探査機はやぶさ2、小惑星「リュウグウ」に到着


 日本の小惑星探査機「はやぶさ2」が6月27日、地球から約3億キロ離れた小惑星「リュウグウ」に到着した。宇宙航空研究開発機構(JAXA)が明らかにした。


 速いものである。初代「はやぶさ」は、2003年(平成15年)5月9日打ち上げ、2010年6月13日に帰還、7年と1ヶ月かけたミッションからもう10年も経った。


 2014年12月に打ち上げられたはやぶさ2が到着したのは、リュウグウの上空約20キロの位置。この後、リュウグウ表面へのタッチダウン(着陸)を行い、砂などのサンプルを採取する。はやぶさ2は探査終了後の19年12月にリュウグウを離れ、翌年の終わりに地球へ帰還する予定。


続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 サイエンスポータル: https://scienceportal.jst.go.jp/news/newsflash_review/newsflash/2018/06/20180625_01.html

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ ←One Click please

2018-07-08(Sun)
 

いよいよ人類は火星へ向かう...一足先に砂漠で体験、「火星生活実験MDRS」はいかが?

 いよいよ人類は火星に向かう


 2018年7月31日、約2年2か月ぶりに火星と地球が最接近する。天体望遠鏡で観察すると火星の模様までもがはっきりと見えてくる。


 最近、NASAから火星の湖の底であった場所から、有機物が発見された。メタンガスも大気中に含まれていることが分かっている。これらの有機物は地球では生物由来のものであるという。


 もう火星には生命が存在しているといってもいいのかもしれない。しかし、科学者たちはなおも慎重だ。こうなるともはや人類が火星に直接降り立ち、その目で観察してみるのが一番よい。



続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 NHK news: https://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2018_0531.html

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2018-07-07(Sat)
 

火星で大規模なダストストームが発生中!探査車「オポチュニティ」電力低下で、現在応答なし

 火星の大気と気象現象


 2018年7月31日に大接近する火星。夜空に怪しい赤い輝きを放っている。やがて、火星に人類が到達する日も来るであろう。その時の火星はどんな惑星に見えるのであろうか?


 火星の大気は希薄で、地表での大気圧は約750Paと地球での平均値の約0.75%に過ぎない。逆に大気の厚さを示すスケールハイトは約11kmに達し、およそ6kmである地球よりも高い。これらはいずれも、火星の重力が地球よりも弱いことに起因している。


 大気が希薄なために熱を保持する作用が弱く、表面温度は最高でも約20℃である。大気の組成は二酸化炭素が95%、窒素が3%、アルゴンが1.6%で、他に酸素や水蒸気などの微量成分を含む。


続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

参考 アストロアーツ: http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/9961_duststorm

 人気ブログランキングへ   ←One Click please

2018-07-06(Fri)
 

火星で「太古の生物の痕跡」発見?約35億年前ゲール・クレーターの湖底に、複雑な有機分子の痕跡

火星で「太古の生物の痕跡」


 今年、7月31日に地球に大接近する火星が日に日に輝きを増している。将来火星に人類が行く計画も着実に進んでいる。


 そんな時期に、NASA(アメリカ航空宇宙局)は驚くべき発表をした。火星探査機キュリオシティ(Curiosity Rover)が採取した土壌試料の中から、有機物と大気中のメタンを検出したと発表したのだ。これは、火星に生物が存在したという仮説を裏付ける「世紀の大発見」の可能性がある。


 地球外生命の探索では、有機化合物や分子など、生命の基礎構成要素が焦点となる。ただ、こうした有機物などは生命とは無関係に存在することもできる。有機物は過去の生命についての詳細な情報を記録していたり、生命の食料源となっていたりする可能性があり、火星の研究者にとっては「化学的な手がかり」の役割を果たすという。


続きはこちら → http://sciencejournal.livedoor.biz/ 

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ

参考 National Geographic news:http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/b/060900191/

2018-07-05(Thu)
 
検索フォーム
アクセスカウンター
プロフィール

なみ たかし

Author:なみ たかし
最新科学・環境情報をTweet!
Follow OK!Let's join me!
サイエンスライター/理科教員/livedoor第1回奨学生/理科学検定1級/

こちらがメインサイトです
サイエンスジャーナル


最新コメント
sponsored link

最新科学情報や、
ためになる科学情報 を
毎週メールいたします。
525円/月!お試し期間あり!


週刊 サイエンスジャーナル


Google Ads
Twitter Follow OK!
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スイーツ通り